じゅにっき

技術力の低いシステムエンジニアの日記。パズドラや読書の感想、自分の持ち物紹介など、日々の出来事をざっくばらんに書いてます。

【読書】終電の神様:阿川大樹

どもジュニ(@jr_6)です。

 

 

 読みました。

 

あらすじ

この緊急停止からドラマが動きだす

父危篤の報せに病院へ急ぐ会社員、納期が迫ったITエンジニア、

背後から痴漢の手が忍び寄る美人。

それぞれの場所へ向かう人々を乗せた夜の満員電車が、

事故で運転を見合わせる。

この「運転停止」が彼らの人生にとって思いがけないターニングポイントになり、

そして・・・あたたかな涙と希望が湧いてくる、

感動のヒューマン・ミステリー。

 

終電の神様 裏表紙より

 

感想

7話で構成されている短篇集。やっぱり短篇集は読みやすいです。

裏表紙のあらすじ通り、それぞれの人がそれぞれの理由で満員の終電に乗り事故で停止する。

自分の仕事柄、ITエンジニアが主人公の第2話がよかったです。

どうにもならないプロジェクトを前に奮闘している感じが

今の自分の仕事の状況にも似ているってのもありましたね。

もちろん他の話しも良い感じでしたよ。

 

個人的な感覚ですが、終電って事故で遅れることが多い気がしますね。

福岡は東京ほどの満員電車ではないんで、そんな時はパズドラと読書で

ひたすら時間を潰しますが、体力的に余裕がないとほんとしんどいですよね。

事故のない世の中になれば良いんですけど・・・

 

 

ではでは。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村